日本語English
交通・地図お問い合わせ

周辺環境

先端技術の開発と展開に最適なロケーション

かながわサイエンスパーク(KSP)が位置する川崎市は、臨海部の「素材・エネルギー産業」、内陸部の「電機・IT産業」等、大企業を始め、中小企業、スタートアップ・ベンチャー企業等が数多く集積しています。
また、東京/横浜に近いだけでなく、羽田国際空港にも近いという立地の良さがビジネス展開をする上で有利とも言えます。

市内には、KSPの他、バイオ・新素材・環境産業にも対応する研究施設を整えた臨海部サイエンスパーク「テクノハブイノベーション川崎(THINK)」と、慶應義塾大学の先端研究施設K2(ケイスクエア)タウンキャンパスに隣接した、「新川崎・創造のもりサイエンスパーク」の2つのサイエンスパークがあります。

KSPは、この2つのサイエンスパークと連携し、企業の研究開発活動を支え、バイオ、IT、メカトロニクス、半導体といったハイテク分野の新たな産業を創出することを目指しています。

世界的な大企業の研究開発拠点が集積し、3つのサイエンスパークが立地する川崎市は、研究開発型ビジネスの創出に最適な立地と言えます。

このページを見た人はこんなページも見ています。

入居・サービスに関するご質問

お気軽にお問い合わせ下さい